神奈川県・東京都で葬儀・家族葬・火葬式・音楽葬のご相談ならさくら葬祭へ

サイトマップ

さくら葬祭 さくら葬祭

24時間365日

葬儀のご相談は 24時間365

Call:0120-81-4444
お問い合わせ

さくら葬祭はご葬儀にかかる費用を総額見積りで提示いたします

葬儀にかかる総額費用は
6つの項目の合計金額です

  • 1. 葬儀プラン価格
  • 2. 葬儀式場費用
  • 3. 火葬費用
  • 4. 料理費用
  • 5. 返礼品費用
  • 6. 宗教者へのお礼

葬儀費用について

喪主になった時、知っておくべき! 葬儀費用「4つの柱」

こんにちは。さくら葬祭代表の近藤です。
葬儀費用で失敗しないために、葬儀の費用についてわかりやすく解説したいと思います。

葬儀業界は今、空前の競争時代に突入しました。
お客様ニーズ(葬儀スタイル)の多様化を背景に異業種からの参入も増えています。

そのような中、葬儀費用をお客様に理解していただくために、事前に見積を公開する会社も増え、昔の葬儀社の悪いイメージは払拭されつつあります。

さくら葬祭はその先駆けとして10年前から全ての費用内容をホームページで公開してまいりました。

【さくら葬祭の葬儀プラン見積事例】

拡大表示する
火葬プラン10
ご家族5名
ご会葬者0名
10万円(税別)
拡大表示する
家族葬プラン23
ご家族10名
ご会葬者0名
23万円(税別)
拡大表示する
音楽葬プラン40
ご家族10名
ご会葬者10名
演奏者2名
40万円(税別)
拡大表示する
一般葬プラン60
ご家族20名
ご会葬者40名
60万円(税別)

費用内容を公開する葬儀社が増えたことにより、お客様が葬儀の費用感を事前に知ることは、昔と比べて随分とカンタンになりました。

さくら葬祭は常に、お客様に
「より良いサービスをご提供したい」
「同じ価格ならば、さくら葬祭を選んでいただきたい」

もっと大きく言えば「葬儀業界にイノベーションを起こす」そんな企業理念の元、この業種をホスピタリティ産業と位置づけ、日々、多くのお客様のご葬儀を執り行っております。

最近、お客様のご相談内容に、“ある傾向”があるように感じています。

それは、お客様との本音トークの中にあった言葉です。
「実は...安いだけの葬儀にはうんざりしているんです。」
「様々な費用項目があって見積は細かいけれど、結局いくら用意しておけば良いんだろう...。」

お客様にとっては費用を細かく出されても、今度は逆にわかりづらかったり、最初の見積費用と最終的な請求書の費用の「差」は一体何なのかわからず不安になったり。という心配を生んでしまっているかもしれません。

ですので、さくら葬祭が心がけているのは、お客様に“葬儀費用の仕組みを知っていただくこと”になります。

仕組みを知っていただければ、仮に他社に依頼するとしても安心してお過ごしいただけると思うからです。

「喪主には悲しむ暇もない」といいます。

本当にそうなんです、喪主様は事務手続きから御親族への連絡、次から次へとやることがあります。
そんな時に、少しでも心の“負担を減らすこと”が大切なのです。

人がこの世に生まれそして去っていく。
おひとりおひとりそれぞれ違う人生を過ごされました。

その大切な「お別れ時」のために「後悔のない葬儀をしていただきたい」
ですので少しだけ葬儀の費用について説明の時間をください。

一般的な葬儀費用の知識としてご理解いただけます。

葬儀費用の内訳と種類

葬儀費用には4つの柱があります。

  • (1)葬儀全般の費用
  • (2)式場・火葬場費用
  • (3)会葬者接待費用
  • (4)宗教者への費用

そして、その4つの柱の中に、6つの項目が存在します。

葬儀費用がややこしい理由の一つに「葬儀社へのサービス料金以外の支払いがある」ことがあげられます。

「ん?葬儀社以外への支払い?」

そうなんです。
葬儀社からの請求額に加えて、それ以外の費用も「葬儀」の総額としてかかってきます。
そして、お客様の負担を減らすために、葬儀社は式場等の支払いを代行しています。
見積り例では、総額をイメージしていただく為に、葬儀社への支払い分の他に、「式場・火葬場費用」「会葬者接待費用」も合わせて提示しています。
ですので、例えば葬儀プランが40万円の場合、見積り例では総額73万円という見積になっているのです。

葬儀費用の内訳を知ることで、葬儀費用の総額見積を見ても驚くことがないので安心ですし、予算の目安を事前に想定することが可能です。

【 葬儀費用の4つの柱 】

葬儀費用の4つの柱

上記の図をご覧ください
大きく4つの括りがあるのがわかります。(1)葬儀全般の費用、(2)式場・火葬場費用、(3)会葬者接待費用、(4)宗教者への費用 です。
葬儀の費用を抑える時、この4つの柱の“どこの部分”を抑えるかによって総額の費用は変わってきます。

今度は4つの柱の中の6つの項目について説明いたします。

ご理解いただくことで、どの葬儀社の見積でも安心して検討することが可能になります。

さくら葬祭の葬儀価格は「葬儀プラン内容比較と費用」のページで
火葬・家族葬・一般葬・音楽葬、それぞれの価格をご覧いただけます。

【 葬儀費用の6つの項目 】

① 葬儀プラン価格

祭壇・棺など葬儀に必要なものすべて含まれている、「基本プラン」のことです。
葬儀プランの価格は、各社様々であるかと思いますが、
さくら葬祭では、追加費用がかからないように、コミコミのプラン価格を設定しています。

葬儀プランの「追加費用」?
と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

葬儀プランは各葬儀社、様々ですので事前にどんな項目が費用に含まれているのかを確認する必要があります。

一例として、「ドライアイス」や「寝台車」の項目に差が出る場合があります。
故人のお体を安置する際に大量のドライアイスが必要となりますが、式場の兼ね合いから数日〜1週間程度、温度管理を行いながらしっかりと安置しなければなりません。

そのドライアイスの費用も日数がかかればその分、費用もかかって来ます。
寝台車についても、走行距離に制限がある場合もあります。

さくら葬祭では、喪主様がその確認する手間を省くために、全てコミコミのセット価格を設定していますので、ドライアイス日数無制限、寝台車の走行距離も無制限になっております。
追加の費用を施行後にご請求することはありません。


少し余談です。※お急ぎの方は読み飛ばしてください。

たかがドライアイス...と思われませんか?
ですが、これが大変重要!なのです。

弊社がドライアイスの追加費用を請求しない理由は、仮に式場の手配を待たなければならない場合、ドライアイスでしっかり保全しなければ、お体の状態を保つことが出来なくなります。

その度、お客様に「ドライアイスを追加しないとお体に変化が出てきてしまいますがどうされますか?」とお聞きするのは故人への尊厳にもかかわってくる問題です。
ですので、お体をお預かりする期間に関わらず、安心してお任せいただきたいので、ドライアイスは日数無制限としています。

また、さくら葬祭は故人のお体を一時お預かりしている際に、そのお体をいかに美しい状態のまま保持するかについて、長きに渡り、独自に研究をしてまいりました。
その研究結果やデータを蓄積し、「故人のカルテ」と名付けて保管しています。

実は、故人のお体の取り扱いノウハウは、学術的に体系づけられてはいません。
ですので各社、試行錯誤の積み重ねになるのです。
亡くなられた原因はさまざま。
ですから、どのようなシチュエーションであっても、故人のお体を綺麗に清潔で保つための工夫が不可欠です。

映画「おくりびと」で有名になったラストメイクや納棺師ですが、葬儀を行う上で、お体の保持については繊細な条件の変化に柔軟に対応する必要があります。ラストメイクを施すにもその道のプロフェッショナルがやらなければその仕上がりに差が出るのは当然ですね。

すみません、、つい熱くなってしまいました。
次は、式場費用、火葬費用についてご説明します。

② 葬儀式場費用 と ③ 火葬費用

お葬式は葬儀場をレンタルして行います。
ですので、葬儀式場費用は、葬儀場にお支払いいただく費用です。
式場の料金は、各式場により違い、さまざまです。

もちろん、もしご自宅で行う場合は当然ながらこの式場費用はかかりません。

そして、通夜・告別式が終わるとお体を火葬いたします。
その際にご利用いただく火葬場に支払う費用が火葬費用になります。
この火葬費用も火葬場により、さまざまです。

葬儀社は、自社のご請求の他に、この式場、火葬場の使用料金を代行してご請求します。

さくら葬祭は、公営火葬場・民間火葬場などご希望の火葬場の手配が可能です。
お客様がご自身で、式場や火葬場の空き状況などを確認すると大変手間がかかってしまいます。
ですので、葬儀社が円滑に葬儀が整うお手伝いをさせていただくのです。

横浜市北部斎場
横浜市北部斎場
横浜市北部斎場
横浜市北部斎場

④ 料理費用 と ⑤ 返礼品費用

料理費用は、通夜・告別式の日に、ご会葬いただく方にお料理の費用です。
おもてなし費用」とも言われます。

ご参列・ご会葬いただく方たちに飲食をふるまい、参列への感謝の気持ちを表します。
葬儀形式により、ご用意する料理も変わってまいります。
料理プランや人数によって金額が変わってくる費用になりますね。

続いて返礼品費用
こちらも「おもてなし費用」とも言われます。
ご参列・ご会葬いただく方たちへの『お香典に対してのお返し』にかかる費用です。
ご用意する返礼品の数や種類によって変動がある費用になります。

さくら葬祭は、飲食のプランも厳選した会社をご紹介します。
料理はすべてスタッフが実際に食べ、美味しいと実感したものです。
飲食にも手を抜かず、品質維持にこだわっています。

実際にお客様から「料理が美味しかった」とお声を頂戴することがたびたびあります。
お料理が美味しいとなごやかな雰囲気の中、故人の思い出話をしていただくなど、ご参列の方々の大切なひとときを演出することが出来るのです。
葬儀形式により、ご用意する料理、返礼品を調整し、細部まで行き届いたサービスが出来るよう心がけています。

横浜市北部斎場
通夜料理例
横浜市北部斎場
告別式料理例

⑥ 宗教者へのお礼

宗教者へのお礼は、通夜、告別式で、各宗派で導師さまへ渡す費用。
つまり宗教者(お寺様・神主様・牧師様等)にお渡しするお礼の費用になります。

こちらの費用もさまざまですが、目安のような金額がございます。事前に知っておきたい場合は直接お尋ねください。

また、宗教者を紹介してほしいとのご要望がありましたら、いつでもご相談ください。

まとめ

いかがでしたか?

葬儀費用について、ご理解は深まりましたでしょうか?

私は長年葬祭ディレクターをつとめてまいりました。
16年の中でも葬儀スタイルは劇的に変化、進化しています。
葬儀スタイルの多様化で新しい葬儀の形が生まれたり、「お別れの会」を別に行うお客様も増えてまいりました。

ですので、葬儀費用の内訳や費用感(高いのか、安いのか)を見極めることはより難しくなって来ているかもしれません。

「後悔のない」葬儀。
「費用は抑えてもあたたかく見送ってあげたい」

さくら葬祭は、ご葬儀にかかる費用を総額見積りで提示いたします。
そうすることで、葬儀社への費用だけでなく、「葬儀全体の費用」をカンタンに把握していただけるのです。

適正価格とは、お客様に余分な費用はかけない、商品の質を保持するために必要な金額からは無理に下げない、ということではないかと考えます。

葬儀の費用を抑えるやり方はさまざまです。

「お花が好きだったから、お花だけはこだわりたい。」
「クラッシックのコンサートに行くのが何より楽しみな人だった。」
「料理好きだったから、ご会葬者に美味しいお料理を。」
「費用はおさえつつも親族だけであたたかい式にしたい。」

お客様のご希望はさまざまです。
例えば、お花にこだわりたいお客様には、お花の費用を増やし、その他を調整しつつ、トータルでご予算に見合ったプランの提案をいたします。
例えば、音楽がお好きな方でしたら、一流音楽大学卒業の自社音楽部のスタッフがどのような曲でも生演奏で送ることが可能です。

どのプランでもそのご費用に見合った「納得のいくお葬式」になるよう、
こだわってご提供してまいります。

ページの先頭へ
24時間365日

葬儀のご相談なら

24時間365日対応

お問い合せフォーム
お見積りフォーム
ページの上へ