人々を守る護符(ごふ)

人々を守る護符(ごふ)

 

こんにちは。

代表の近藤です。

 

間もなく節分ですが、こんな鬼の絵があります。

 

大津絵というもので、滋賀県大津に江戸時代から伝わる民俗絵画です。

この鬼は、なかなかユーモラスですね。

それもそのはず。

悪い鬼ではなく、人々を守る護符(ごふ)として描かれたものなんです。

 

大津絵は、他にも藤娘や雷などを

題材にしたものがあります。

 

いずれも、旅のお土産品や護符として

使われました。

 

節分が過ぎれば立春。

風は冷たくとも陽射しは春を感じます。