楓葉経霜紅 ふうよう しもをへて くれないなり

楓葉経霜紅 ふうよう しもをへて くれないなり

 

こんにちは。代表の近藤です。

11月22日の小雪も過ぎ、季節は秋から冬へと足早に移っていくようです。

赤や黄色に色づいた木の葉もハラハラと散り始めています。

こんな時季にふさわしい禅語があります。

 

楓葉経霜紅 ふうよう しもをへて くれないなり

 

初冬の霜にあたってこそ、カエデの葉は赤くなる

文字のとおりを言えばこのようなことですが、これは人間にも当てはまるのではないかと、いつも感じます。