神奈川県・東京都で葬儀・家族葬・火葬式・音楽葬のご相談ならさくら葬祭へ

サイトマップ

さくら葬祭 さくら葬祭

24時間365日

葬儀のご相談は 24時間365

Call:0120-81-4444
お問い合わせ

高品質・適正価格を実現させたさくら葬祭のご葬儀プラン

さくら葬祭はプラン価格
ご葬儀費用です

葬儀プランについて

どの葬儀プランを選べば納得する葬儀になるか、迷っていませんか?

  • 故人への感謝を込めたお見送りをしたい
  • どのプランや形式を選べばいいかわからない

そして、そもそも「葬儀をゆっくりじっくり検討比較する時間なんてない!」という方が多いのではないでしょうか?

ある調査によれば、葬儀社選定は、24時間以内で決定している方が4割強
みなさま非常にタイトなスケジュールの中で、葬儀社を選んでいることがわかります。

みなさん困っていらっしゃるのです。
なぜなら「葬儀社も葬儀プランも選択するのはとても難しい!」

「費用はおさえたいから火葬式とかどうなんだろう」
「葬儀の値段て、何をもって安いとするのかわからない」
「安いのはいいけど、サービスはどうなんだろう」
「尊厳を守ってくれるのだろうか」
「マニュアル対応するだけで、そっけない式になったりしないかな」
「とにかくプランを選ぶのが難しい・・その上、数社に見積するのも面倒」

このように、たくさんの人を悩ませる葬儀社選びや葬儀プランの選択。
選択肢が多いことはいいけれど選ぶには時間ないし、知識もないですよね。

そんな悩めるお客様に、葬儀施行16年のキャリアを持つさくら葬祭では胸を張ってお伝えしたいことがあります。

葬儀の正解とは「その価格に対しての満足度。」ではないでしょうか。
せっかくの葬儀、それならば「後悔だけはしたくない」とは思いませんか。

さくら葬祭は、葬儀の進行、音楽葬などでの生演奏、ラストメイク、8割以上を自社施行で行います。そうすることで、高品­質・適正価格でお客様に提供が可能となり、細部にまでサービスを行き届かせる事ができるからです。
こういった自社施行にこだわる葬儀社は少ないのです。
さくら葬祭が自社施行にこだわる理由は、お客様に「選んで良かった!」「間違いなかった!」と思っていただくことこそ、弊社の使命だと考えているからです。

葬儀社・葬儀プラン選びの指針とポイント

葬儀社選び、葬儀プラン選びのポイントは、「その会社やプランの良さを知る事」からはじまります。

ちょっと待った!

先ほど言ったように「時間がない」中、選ばなければならないのに、良さを知る暇なんかないですよね?

でも、と同時に、後悔をするような葬儀にもしたくない!のではないでしょうか?
そんな方に、葬儀施行16年の経験を持つ私から、僭越ながら葬儀社・葬儀プラン選びのコツをお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

【 葬儀社・葬儀プラン選びの3つ指針 】

1:その葬儀社の良さを知るには「お客様の声」を読む

葬儀社のホームページにはお客様の声などが掲載されています。その会社の良さや社風、スタッフの行動やホスピタリティの雰囲気は、お客様の声を読んで理解することが出来ます。そうすることで、その葬儀社や葬儀プランが自分のイメージする葬儀と合ってるかどうかを判断いただけます。

2:葬儀社の「会社概要」で社歴とキャリアを知る

葬儀後の満足度に大きく関係するのはやはりその葬儀社の経験ではないでしょうか。長く携わっているだけが良いわけでは勿論ありませんが、やはり葬送儀礼は日本の大切な文化です。葬儀ニーズの多様化に伴って葬儀スタイルは変化しています。しかし基本を知らなければ、バリエーション展開も難しいのが現状。ですので、しっかりとした経験があるのかどうかを知りましょう。

3:葬儀プランの内容を比較する

葬儀プランの細かな内容は、葬儀社各社様々です。

例えば、ドライアイス代が必要日数分コミコミセットの場合と、1日、もしくは2日分しか料金に含まれていない場合とがあります。

同じ家族葬のリーズナブルなプランでも、値段だけで選ぶと、内容に随分と差が出てしまうことがあります。

各プランの内容比較がしっかりとわかりやすく掲載されているかどうかを調べて、疑問があればどんどん質問をしましょう。

その質問の回答が遅かったり、あいまいな回答があった場合には、違う葬儀社を検討するのも良いでしょう。

この3つを軸に葬儀社や葬儀プランを選べば、後悔のない葬儀や、故人のお見送りをすることが出来るかと思います。

いかがでしょうか?
プランに悩んだ時は、上記のポイントを指針にしてみてください。
それでは、さくら葬祭の葬儀プランを自信を持って紹介します!

葬儀がはじめての方のために、一般的な流れや葬儀の全体費用等については
こちらの「はじめての方へ」のページで詳しく解説してあります。

葬儀のスタンダード。「家族葬」と「一般葬」の違い

一般的な葬儀スタイルは、

・ご家族中心でお見送りする「家族葬
・ご家族の人数より多いご会葬者を迎えての「一般葬

この2つに分類されます。勿論、家族葬で仲の良かった方々を数名お迎えしても全く問題ありません。

基本的には、ご親族・ご家族が中心の場合、便宜的に「家族葬(かぞくそう)」と呼ぶだけであり、「一般葬(いっぱんそう)」との差は会葬者様の人数以外にはありません。

ご親族ご友人など縁の深かった方々を中心に、故人をお偲びするのが、「家族葬」
生前お付合いがあった方々に広く訃報を知らせ故人をお偲びするのが、「一般葬」

と覚えていただければ大丈夫です。

いかがですか?
以外とシンプルですよね?

また、例えば家族葬を選択された後、当日会葬者様が増えたとしても全く問題ありません。
様々なプランに悩まないよう便宜的に区分けする意味合いが強いということです。

それでは、さくら葬祭の「家族葬」と「一般葬」のプランはどんな内容かを紹介します。

さくら葬祭の「家族葬・一般葬」プラン

親しい方々だけであたたかく故人をお見送りする家族葬

【 4つの 家族葬 プラン 】

家族葬
<ポイント>
  • 上質な生花祭壇も色や好みを伺い個性的に仕上げます。
  • ラストメイクはプロの納棺師が施術いたします。※一部のプランはオプション
  • 葬儀終了後、供養コンシェルジュがサポートするので葬儀後の役所手続き等も安心。
<家族葬プランの種類>
家族葬のプラン内容をぱっと見て比較したい時に、便利な比較表はこちら
<家族葬プランの施行実績>

人と人との繋がりを大切にみなさまにお別れのご挨拶ができる一般葬

【 4つの 一般葬 プラン 】

家族葬
<ポイント>
  • 上質な生花祭壇も色や好みを伺い個性的に仕上げます。
  • 全てのプランでラストメイクはプロの納棺師が施術いたします。
  • 葬儀終了後、供養コンシェルジュがサポートするので葬儀後の役所手続き等も安心。
<一般葬プランの種類>
一般葬のプラン内容をぱっと見て比較したい時に、便利な比較表はこちら
<一般葬プランの施行実績>

さくら葬祭の「音楽葬(おんがくそう)」プラン

多様化した葬儀スタイルの中で最近人気が高まっているスタイルが、「音楽葬」です。
お葬式の一形式として、大切な方への想いを生演奏に託した「音楽葬」は、会葬者と故人の思い出が音楽の調べとともに心に響き「その方らしさ」を表すことが出来ます。

また生演奏には、その場の空気や雰囲気を作る大きな力があります。魂に届く、力強い音に包まれての音楽葬は、いつまでも皆様の胸に残ることでしょう。美しい音色に包まれながら、故人をお見送りしてみませんか。

一流音楽大学卒の奏者による生演奏で故人の好きな曲を奏でる音楽葬

【 4つの 音楽葬 プラン 】

家族葬
<ポイント>
  • 一流音楽大学卒のプロが演奏する自社音楽部。
  • 音楽葬のパイオニアとして、経験が豊富。選曲もアレンジも即座に対応。
  • 供養コンシェルジュがサポートするので葬儀後の役所手続き等も安心。
<音楽葬プランの種類>
音楽葬のプラン内容をぱっと見て比較したい時に、便利な比較表はこちら
<音楽葬プランの施行実績>

さくら葬祭の「火葬式(直葬)」プランとオプション

火葬式というのは火葬場で直接お別れをする葬儀のことです。
ご家族やご親族数名であたたかい雰囲気の中お見送りをすることが出来ます。

葬儀スタイルの中では1番シンプルですが、その分お身内の方だけの和やかな空気がありますので決して他の葬儀スタイルに引けを取りません。

火葬式の場合は火葬場をどこにするかで費用も変わってきます。事前に確認が必要です。

火葬式や直葬、1日葬などは、とてもシンプルな形式です。

着せ替えやラストメイクなどが必要なお客様の為にオプションを用意しております。
自社管理施行だから価格と品質のご満足度には自信があります。長い経験の上で最善の対応を心がけております。お客様に実力のあるパフォーマンスを「適正価格」で提供したいと考えています。

まとめ

いかがでしたか?

ご希望の葬儀プランは見つかりましたか?

私は長年葬祭ディレクターをつとめている中で大切にしている事は、「故人」は世界で唯一無二の存在であるということです。
日々勉強している茶道の教えの中に「一座建立(いちざこんりゅう)」という言葉がありますが、その意味は、お招きするお客様と一体感となった空間や時間を創り上げることを指します。

私が執り行わせて頂く葬儀はそう言った気持ちを込めて、すべてのお客様に特別な「おもてなし」の精神を心がけています。

今回、自信を持ってご紹介・オススメしたい、葬儀社・葬儀プラン選びの方法は、結局後悔のない式にすることが目的です。
ですが、どのようなプランを選んでも、実はもっと大事なことがあります。

それは、喪主から故人への「感謝の気持ち」です。

そのお気持ち・供養の心があれば、きっと葬儀は良いものになります。

葬儀が終わり一周忌三回忌と心の整理もつく頃「ああ、あの時しっかりと見送ってあげられたな」と思っていただけるよう、我々葬儀社は一期一会の精神で日々取り組んでおります。

お客様のご葬儀が滞りなく終わりますよう心より祈念しております。

ページの先頭へ
24時間365日

葬儀のご相談なら

24時間365日対応

お問い合せフォーム
お見積りフォーム
ページの上へ