すべては茶の湯の心から 株式会社さくら葬祭 公式ブログ

カテゴリー:in Memory~亡き伴侶との記憶

走り始めた日

運動は苦手なのに、どういう訳か長距離だけは速いことに、30を過ぎてから気付きました。きっかけはホノルルマラソンに参加したことです。当時はマラソンブームのはしりで、ホノルルマラソンは日本人に人気がありました。 テレビでたくさ…

詳細を見る

マイノリティーの人の死別

同じ悲しみを共有する人は身近にもいますが、以前なら会うこともなかったような出会いが、今ではSNSを通じてなら簡単にあり得ます。 死別の人が集まるそのSNSでは、同性愛の男性に会いました。パートナーとは20年以上も月日を共に…

詳細を見る

寂しいと思うのは

風呂好きだったおいちゃんとなずなは、普段はフィットネスクラブの風呂に入っていたけれど、フィットネスクラブが休みの日は自転車で30分もかかるスーパー銭湯に行っていました。回数券を買うと安上がりで、一回500円くらいです。 お…

詳細を見る

おいちゃんに会いに来てくれた人

おいちゃんが亡くなってひと月くらい経ってからでしょうか、おいちゃんの顧問先だった会社の奥さんが、訪ねてきてくれました。おいちゃんがいた頃、私もたまにお会いすることがありました。税理士と言う仕事は、事務方の方がなじみがあり、本…

詳細を見る

お通夜の思い出

唐突にお通夜の思い出を書きますが、よろしくお付き合いください。私だけのお通夜を思い出したのです。 お通夜は本来、故人と親しい人達が別れを惜しんで夜通し過ごすものだそうですが、今はずいぶん意味合いが変わりました。 今は、仕…

詳細を見る

49日が来るまでに

亡くなって49日までの間、霊はこの世の人との別れの挨拶をするため、この世にとどまるといいます。だからこの間に、たくさん思い出を作っておいた方がいいと、不思議ちゃん系の友達からアドバイスされました。 入場料だって交通費だって…

詳細を見る

仮想通貨投資のお誘い

私もいくらかの定期預金を持っていますが、まあ、利息の安いこと。大手の銀行で0.1%、インターネットバンクなどはそれより少し利率がいいけれど、0.3%もあればいい方。100万円預けて3千円にしかなりません。いつかは利率も良くな…

詳細を見る

おいちゃんが亡くなったら…よくある話

おいちゃんが亡くなってひと月くらい経った頃でした。まだまだ心は傷だらけで、泣いてばかりいました。 そして、亡くなったおいちゃんのために何かできることはないかと思い始めた頃でもありました。 亡くなった人を安…

詳細を見る

自分の身は自分で守らなくてはいけないということ

これから書くことは癒しの言葉ではありません。あまり思い出したくないつらい思い出です。 人の不幸は蜜の味といいます。主人の急な死の原因を「人に言えない死に方をしたのかも」など、刑事ドラマよろしく推理する人もい…

詳細を見る

優しい人の思い

毎日おいちゃんの遺骨を抱いて過ごしていた頃、わざわざ遠いところから来てくれた二人の友だちがいました。二人とも名古屋近辺に住んでいます。一人は在家の尼僧で、仕事で東京に来ることもありますが、もう一人、Mさんは仕事を持った主婦です。時間を取るの…

詳細を見る

book

わたしの葬式心得

研究発表

研究発表
近藤卓司Facebook
Facebook さくら葬祭音楽部

採用情報

採用情報

お問い合わせ

お問い合わせ