供花(くげ)

供花(くげ)

 

現在一般的に供花(きょうか)と呼ばれているものは、仏教の供花(くげ)という形式から来ています。

供花(くげ)は、仏あるいは死者に供える花のこと。花は仏教の発生当初から深くかかわっていて、仏の供養の第一とされていました。やがて座敷の飾りにも供花の形式が用いられるようになり、花瓶が置かれ花が挿され、そこからいけ花が生まれます。いけ花が3本の枝の構成をもつのも、供花(くげ)の形式を取り入れているからです。

民間行事としても供花はさまざまな形で定着していきます。

その一つが葬儀での供花なのです。