生演奏と茶道

生演奏と茶道

 

セレモニー演奏と茶道には『もてなす』という点で大きな共通点があります。

 

どちらも形に残りませんが、心に残ります。

 

長い年月をかけて身に付けてきた技を提供します。

 

提供する際は迅速かつ的確な準備が必要です。

 

本番は大変な緊張状態になります。

 

最高の『おもてなし』をするために気を配り、計算しつつも

 

最後には没頭し我を忘れるほどになります。

 

気が付くとお客様のためというより

 

自分自身が無上の喜びに浸っています。

 

 

このような状態でご提供できたものは

 

お客様の心にも大きな満足となって届きます。

 

 

昔から茶道の世界では

 

『お茶の喜びは、亭主七分に客三分』と言われています。

 

もてなされる側より、もてなす側の方が

 

より喜びが大きいということです。

 

音楽部 大澤けい子