著作権

著作権

 

楽曲は人類の貴重な財産です。

この財産を守るべく、洋の東西を問わず、作曲をした人、作詞をした人、歌った人、それぞれの権利が保護されています。

その保護をする団体が日本音楽著作権協会、通称JASRACです。

皆さんもお聞きになったことがあるかと思います。

著作権は保護される期間が定められており、作曲者の没後50年とされています。

クラシックや古い童謡などはその対象ではなくなるわけです。

 

私たちは対象の楽曲を演奏する場合に、必ずJASRACに規定の著作権料を納めなければなりません。

納付の方法には様々ありますが、さくら葬祭では定期的に著作権料が発生しますので、毎月報告をして、請求のあった金額を納めています。

 

以前は著作権という権利が確立されておらず、野放し状態でしたが、現在は法律でも定められJASRACでも厳しく取り締まっています。

正規の著作権料をきちんと納めることが、楽曲に対する敬意を払うことであり、安心して演奏をご提供できることだと考えます。