さくら葬祭の考えるラストメイク

故人とご家族との最後の時を
安心して過ごせるように
最適な処置とお化粧を施します

株式会社さくら葬祭

納棺部

「なぜラストメイクが重要なのか」について

さくら葬祭は、なぜラストメイクにこだわるのでしょうか。ラストメイクとは、故人の大切なお姿を美しいままとどめられるよう、亡くなられた方にお化粧を施し、身支度を整えることです。映画「おくりびと」で納棺師が主人公として描かれましたが、その納棺師が行う仕事です。ご家族・ご友人との最期のお別れを思い出深いものにするため、また故人の尊厳を守る意味でも、ラストメイクは大変重要なものになります。納棺師は、その業務の知識と経験を必要とするスペシャリストです。

ラストメイクの5つの役割

ラストメイクには、5つの役割があります。

ラストメイクの役割 ① ご遺体の変化への対応

ラストメイクの役割 ② 乾燥・腐敗ガス・臭い・点滴痕の処置

ラストメイクの役割 ③ 二次感染予防

ラストメイクの役割 ④ 故人らしさを再現する死化粧

ラストメイクの役割 ⑤ グリーフケア

ラストメイクの内容

ラストメイク

  • <内容>
  • ■ 基本処置
  • ■ お化粧・整髪
  • ■ ご納棺
美装

お顔周りを中心に整えさせていただきます


着せ替え+ラストメイク

  • <内容>
  • ■ 基本処置
  • ■ お化粧・整髪
  • ■ 清拭・着付け
  • ■ ご納棺
美装

故人様を清拭し、肌を見せないよう着付けさせていただきます

「エンゼルケア」と「ラストメイクの」違い

病院や施設で「エンゼルケア」と呼ばれる処置を施されることがあります。穏やかに亡くなられたお姿を見ていただき、その後のお体の移動に伴う振動等に耐えられるよう、様々な処置をしてくださいます。化粧もしてくださいます。


エンゼルケアで充分なのではないか?とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。「その場では十分です。」とお答えしましょう。 病院でエンゼルケアを施すのは専門家ばかりではありません。その場の状態を維持するという点で処置が行われることもあります。しかし、ご遺体を数日その状態に保たなければならない場合には、エンゼルケアだけでは不十分なことがあるのです。さくら葬祭では「故人のカルテ」を独自で作り、お亡くなりになられてから起きる様々な状況の時に施した処置・メイクを記録しています。ご遺体を安全に快適に維持し続ける方法については、ドクターも病院も専門外です。ドクターは治療を行う専門家であり、ご遺体保全の専門家ではないのです。
ですから、葬儀社はその場限りの処置・メイクではなく、故人への尊厳を持ってご遺体を安全に保全することが必須となります。さくら葬祭ではその観点から「故人カルテ」を制作し、経験と知識を高めています。このことは、ご遺族やご友人の方との大切な「葬儀」を執り行う上で大変重要な責務だと考えています。具体的にはどのようなケースがあるのか、故人カルテの症例をご紹介いたします。


故人のカルテ01 敗血症

故人をご自宅に帰らせてあげたいと思います。ただ、腐敗させたくありません。病院等で安らかに亡くなられたとしても、保冷施設へ連れていかなければならないケースもあります。

故人のカルテ02 気管切開

ご処置の際、身体を診ると、その治療痕から生前に様々な治療を受けて、闘病の末に亡くなられたことが伝わってきます。
「気管切開」・・・気道を確保するため、喉元にチューブを通す穴をあけること。

故人のカルテ03 バセドウ病(眼球突出)

やすらかに眠っている姿にしてあげたい。まぶたを閉じてさしあげたい。亡くなられた方のまぶたが開いていることは、しばしばみられます。ドラマのようにさするだけでは、まぶたを閉じてさしあげることができません。

故人のカルテ04 口が開く理由 その①

「口が開いているの!なんとかしてください!」開口一番、そうおっしゃるご家族にたびたびお会いします。人間の体のつくりから、口が開いてしまう3つのパターンがあります。その1つをお話しします。

故人のカルテ05 口が開く理由 その②

口が半開きになっている。唇が合わさらない。ほとんどの方が、亡くなったとき口が半開きの状態です。それが自然な状態だからです。

故人のカルテ06 口が開く理由 その③

口を開けたまま亡くなった。呼吸が楽になるよう気道確保のため、顎を突き上げていたのではないでしょうか。


ラストメイクへの取り組み方

病院や施設の人は「生きている人」を見ています。ご逝去後、どのように体が変わっていくのかについては、私どものような葬儀社にバトンタッチされます。 さくら葬祭納棺部は、自社独自の「故人カルテ」により、正しい施しをしないと、どのようにお体が変化していくのかを知っています。生体学的なアプローチから、ご逝去後の正しい施しをすることで故人やご遺族への尊厳を守ることはとても重要なことです。「故人のカルテ」には数多くの症例、変化、そして施しの記録が残り蓄積されていきます。さくら葬祭は「故人のカルテ」をつくることによって、「故人の尊厳を守る」ことが出来ると考えています。故人は「言葉を発する」ことは出来ません。しかし、故人のお体から発する「メッセージ」は必ずあるのです。

ご葬儀についての疑問点、わからないことなどお気軽にご連絡ください。ご連絡後のしつこいセールス、営業電話等は一切いたしませんのでご安心ください。 0120-81-4444 24時間 年中無休(携帯・公衆電話OK)

 

ページの先頭へ