神奈川県・東京都で葬儀・家族葬・火葬式・音楽葬のご相談ならさくら葬祭へ

サイトマップ

さくら葬祭 さくら葬祭

24時間365日

葬儀のご相談は 24時間365

Call:0120-81-4444
お問い合わせ

さくら葬祭の考えるラストメイク

故人とご家族との最後の時を
安心して過ごせるように
最適な処置とお化粧を施します

株式会社さくら葬祭

納棺部

故人カルテとは

さくら葬祭は、ラストメイクも自社で行います。
映画「おくりびと」で有名になった納棺師ですが、その業務は多岐に渡ります。 技術と経験が必要な職業です。

納棺師は、ラストメイクやご家族と一緒に故人を洗い清め来世への願いを込めた儀 式、「湯灌(ゆかん)の儀」等を行います。

さくら葬祭では、故人の体を一時お預かりする際、そのお体をいかに美しい状態のま ま保持するかについて、長きに渡り、独自に研究をしてまいりました。

故人のお体の取り扱い技術は、実は学術的に体系づけられてはいません。
ですので、経験やデータを蓄積し、体系化することで学び続けています。
故人の亡くなられたシチュエーションやご病気はさまざまです。
どのような場合でも清潔に保つことが可能となります。

さくら葬祭は、その独自データを「故人のカルテ」と名付けて保管しています。

故人カルテ

故人のカルテ01 敗血症

故人をご自宅に帰らせてあげたいと思います。ただ、腐敗させたくありません。病院等で安らかに亡くなられたとしても、保冷施設へ連れていかなければならないケースもあります。

故人のカルテ02 気管切開

ご処置の際、身体を診ると、その治療痕から生前に様々な治療を受けて、闘病の末に亡くなられたことが伝わってきます。
「気管切開」・・・気道を確保するため、喉元にチューブを通す穴をあけること。

故人のカルテ03 バセドウ病(眼球突出)

やすらかに眠っている姿にしてあげたい。まぶたを閉じてさしあげたい。亡くなられた方のまぶたが開いていることは、しばしばみられます。ドラマのようにさするだけでは、まぶたを閉じてさしあげることができません。

故人のカルテ04 口が開く理由 その①

「口が開いているの!なんとかしてください!」開口一番、そうおっしゃるご家族にたびたびお会いします。人間の体のつくりから、口が開いてしまう3つのパターンがあります。その1つをお話しします。

故人のカルテ05 口が開く理由 その②

口が半開きになっている。唇が合わさらない。ほとんどの方が、亡くなったとき口が半開きの状態です。それが自然な状態だからです。

故人のカルテ06 口が開く理由 その③

口を開けたまま亡くなった。呼吸が楽になるよう気道確保のため、顎を突き上げていたのではないでしょうか。


安心価格+信頼の施行実績で、ご要望にピッタリの葬儀をご提案いたします。24時間年中無休。
  • ご希望のご予算で。安心の料金体系。
  • ご希望の斎場で。希望条件でお探しします。
  • ご希望の宗派で。宗派を選びません。
  • 24時間緊急対応。深夜・遠方でも。
  • ご相談・見積り無料。ご葬儀の悩みを解決。
  • 信頼の施行実績。心を込めてお送りします。

 

ページの先頭へ
24時間365日

葬儀のご相談なら

24時間365日対応

お問い合せフォーム
お見積りフォーム
ページの上へ